差異

11月も今日で終わりです。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
すっかり寒くなりましたね。


差異とは、他と異なること。
その「違い」から生まれる気づき。


違いを知ることはとても面白い、と心からそれを楽しめるようになったのは40代に突入してからくらいでした。


違うからこそ改めて気づいたりできることに”ありがたいな”と思うようになりました。


考え方・容姿・センス・家庭環境・生活スタイル・方向性・夢・出自・・・


自分の中の差異、他人との差異。
差異こそ成長のスタート地点なんですよね、きっと。
それが腑に落とせたとき、差異を嫌がったり怖がることもなくなりました。


差異が自分を知る材料となることに気づきました。


人と話すことで、
いつもの場所から離れてみることで、
チャレンジすることで、
継続していく中で、
よく観察して差異に気づけば面白い発見の連続です。


冷静になって初めてみえてきます。
どっちの方がどうだ、と善悪や優劣の判断するのではなくて”違う”ということをただ知って受け入れることが心を軽くします。


違いを知って受け入れる、これで循環していくのがわかります。


10代、20代、30代とそれぞれのステージで感じてきたことやもがいて苦しんだことも今はすっかり形が変わっています。


40代半ばまで歩んできてみていろんなことがとにかくありがたいです。辛かった時期のことも財産ですが別にそれがどうということでもなくただ私が今そう感じているというだけの話。


その時見えなかったことが見えるし、逆にその時感じていたことは今感じられなかったりします。
これも差異。そして気づきです。


これからどんどん歳を重ねていく変化をすごく楽しみとはまだ言いきれませんが「変化する」ことはわかっています。その日々を面白がりながらも坦々と過ごせたら最高です。


明日からの12月は何かと気忙しくなる月ですのでブログを読んでくださる皆様が心穏やかに過ごされることを祈っています。その日々を応援しています。


それでは2021年12月もよろしくお願いいたします。

親業

急に寒かったり、日中汗ばむくらい暖かかったりする毎日ですがいかがお過ごしでしょうか。


おそらく何にでも共通しますが何かを始めたからといってすぐにわかるわけでも、なれるものでもなく
練習を積み重ね、自分を見つめ、修正し改善しまた日々学びを深めながらやっと成長していくんだと思うのです。


「親業」についてもやっぱりそうで。
幼い頃は手がかかり体力勝負です。親も身体を動かし全力でサポートしますが成長するにつれてサポートの形はどんどん変化していきます。


少しずつ親として成長させてくれる子。
いつまでも側にいられるわけでもないので時間をかけて少しずつ離れていく準備をしていきます。


乳児はしっかり肌を離すな
幼児は肌を離せ手を離すな
少年は手を離せ目を離すな
青年は目を離せ心を離すな


「子育て四訓」、納得です。
面白いなと思うのがヨガの調整と同じで身体→感覚→心の順なんだなというところ。


巣立ってからはもう親のできることなんて帰った時に温かいご飯を作ってあげることと、それこそ心を離さず無事を祈り信じて見守り続けることくらいです。


先日父と話していたら「身体が思うように動かなくなってきて気持ちを保つことも難しい」と。
できていたことがだんだんできなくなっていく寂しさや恐怖、不安。
子のお荷物になりたくないという気持ちやら、いつも強気で豪快だった父も今いろんな感情があるように思います。


ずっと先を歩む親の身体や心の変化、生き様を見させてもらっています。
今の私がひとっとびに父の気持ちはわかりません。ただそれを聞かせてくれて姿を見せてくれていることが未来の私の何かになるのだろうと感じるのです。


小さい頃よく父が、時代のほんの少しの時間を預かって生きているだけなんだと教えてくれていました。地球の歴史からみれば人間の人生は一瞬であること。環境も命も何もかも未来に繋いでいくもの。そのときは「ふーん」と聞いていましたが今つくづくそう感じます。


そんなふうに俯瞰してみることやいろんな角度からみること、一つのことにフォーカスして感じることも日常の中で教えてくれていました。それもこれもすべてが繋がっていることを今実感しています。


未来に繋がっていく今日という一日も
大切に丁寧に過ごすことができますように。

ナナメの存在

こんにちは、いかがお過ごしでしょうか。
最高に過ごしやすい季節、風が優しくて秋は良いですね。


”ナナメの存在”って知っていますか。
親とか子どもとか縦の繋がりだとしたら、友達は横のつながりです。
ナナメって近所の人とか習い事の先生とか親戚のおじちゃんとかいとこのお姉ちゃんとか。


すごく近いわけじゃないけど遠くもない存在。
その存在ってすごく大切らしいです。確かに振り返ってみると近過ぎないからこそ良い距離感で接してもらったり。
多くのその存在にすごく支えられてきました。


震災直後、新聞記事を読んだことがあります。身体障害者の方の避難を通しての記事でした。
一つの太いパイプはすごく心強いけども、それが何かのきっかけで機能しなくなることもある。
だからたった一つの太い命綱よりも細いパイプをたくさん持っておくことが大事で、特に有事の時にはそれがいきてくるといった内容でした。


ちょっとサポートしてくれる人、ちょっと話せる人、誰か一人にガッツリじゃなくてちょこっと頼れる人がたくさんいると生活も心も俄然安定していきます。


そこで”ナナメ”の人たちとの関わりが結構大きな役割を果たしてくれるんです。もちろん頼るばかりじゃないですよね、持ちつ持たれつになれたら良いですね。


もし頼りっぱなしでも大丈夫。自分に余裕が生まれたら”恩送り”です。直接その人に恩を返さなくても身近な人に以前自分がしてもらったように還して行けば良いだけです。


支え合って助け合って良い循環が周りでたくさん流れ始めると嬉しいですね。


9月も終わりに近づいています。緊急事態宣言も解除されそうな雰囲気です。気を抜かず生活したいですが少し気持ちが緊張から解き放たれるので嬉しいですね。10月が待ち遠しいです。


生きるスピード

秋の風を感じる様になりましたね、皆様いかがお過ごしでしょうか。



ヨガスタジオOasisのブログはアメブロからこちらへお引越しして、またぼちぼちと日常の気付きをつぶやいていきますのでのんびりとお付き合い頂けたら嬉しいです。



歩くとか走るとか、身体をしっかり動かして移動するのが自分のスピード。
でも”もっと速く”遠くまで行きたくて、できれば楽に移動したい時は自転車に乗ります。



もっと楽にスピーディに、天候にも左右されたくない時は車を使います。
車の便利さを知ると買い物にもその辺にちょっと出かけるのも車を使うようになります。
急な雨でも楽々目的を遂行できます。



さらに遠くに行くことがあれば新幹線とか、もっと遠くへ速く移動したいときは飛行機を使ってひとっ飛びです。



どんどん速くなる日常。
情報も溢れています。新しい機種やバージョンが更新されてとてもじゃないけどついていけない毎日です。



それでも自分のペースでいろいろ取り入れて楽しんでいますけど”自分のペース”っていうことがとても大切かなって感じています。



呼吸のスピードも、話す速さもみんな違うリズムを持っています。呼吸のスピードが違うと

「なんかリズムが合わないな…」

と感じます。ピッタリ合う人と話すと心地良いものです。



それぞれにきっと人に限らず動物や植物、物や場所もリズムを持っているんでしょうね。
そんなことにも時々目を向けて周りを丁寧に感じながら過ごしたいですね。



今日も心穏やかな一日になりますように。